Business

【2021年最新版】Twitterの広告メニューを徹底解説

投稿日:2020年11月21日 更新日:

こんにちは、リョウです。

本日は
”Twitter広告始めたいけど、どんなメニューがあるのかわからない…。”
“公式サイトもわかりにくいし、さっと広告メニューがわかる記事とかないかな…。”

という方向けに記事を書いていきます!

いざTwitterで広告配信を始めようと思っても、色々なメニューあってわかりにくいですよね。
広告メニューだけではなくターゲティングとかも色々あってわからん!!
となる方も多いのではないでしょうか?
私もTwitter広告運用を始めた頃は、Twitter広告の全体感が全然見えず非常に苦労しました。

Twitter広告は…

    広告メニュー
    ×
    クリエイティブフォーマット
    ×
    ターゲティング

という配信構造になっています。
要するに、どんなメニューでどんな広告を誰に配信するか決めていく作業になります。

今日は上記の中の広告メニューの解説記事となっています!

解説に行く前に、ちょっとだけこの記事を書いている私の自己紹介をさせてください。
(他の記事でも自己紹介してるので、もう知ってるよ!という方は飛ばしてください笑)

現在、広告系ベンチャー企業で働いており、その会社で1から広告運用部の立ち上げを行い、Twitter/Instgram/Googleなど幅広い商品を運用しています。
広告運用歴は丸2年程度で、実際の運用から運用商品の設計、社内への勉強会など広告運用周りの業務はあらかた行ってきました。

その中で、一番好きでかつ得意な運用商品がTwitterです。
広告メニューも豊富にあり、様々なニーズに対応できるところがとても魅力的だと感じています。

広告クリエイティブの質やターゲティングの作り込みもとても大切ですが、
そもそも目的と合わない広告メニューを選んでしまってはその努力も台無しです!

Twitter広告の根幹ともいえる広告メニューをマスターして、しっかり結果につなげていきましょう!

Twitterの広告メニューを徹底解説

Twitterの広告メニューは運用型と買い切り型に分類されます。

運用型が皆さんが一般的にイメージするSNS広告に近いかなと思います。
ターゲットを選定して、狙ったターゲットに広告を配信していきます。

一方、買い切り型は純広告に近いものになります。
Twitterが設けている特定の広告枠を1日単位で買い付けることで、運用型広告では配信できない面に広告を出稿することができるようになります。

運用型


運用型メニューは、Twitter上のタイムラインや検索結果などの広告枠に広告配信が可能なメニューとなります。
広告配信はオークション形式で行われ、それぞれの広告枠ごとに広告主同士が入札を行い、オークションに勝った広告主が広告配信をすることが可能となります。

広告主は配信する対象をターゲティング等で絞ることができ、
同じ配信対象ユーザーを選んだ広告主同士が広告枠を争うことになります。

また運用型メニューは、広告を入稿する際にキャンペーンの目的を設定します。
キャンペーンの目的とは、”URLクリックを最大化する”や”インストールを最大化する”など広告配信を行う際に最大化したい指標のことをいいます。
目的を設定することで、広告配信の際に”URLクリックをしやすいユーザー”や”インストールをしやすいユーザー”など目的に合わせた配信対象ユーザーの最適化が行われます。

まとめると、同じキャンペーン目的を設定して、かつターゲィング対象が被った広告主同士がオークション形式で広告枠を争うこととなります。
このオークションは広告枠ごとに自動で行われています。

運用型メニューにはプロモツイートプロモアカウントがありますのでそれぞれ解説していきます。

プロモツイート

Twitterの中で最も一般的な広告メニューとなります。
皆さんが普段見かけるかつ出稿を考えるのはプロモツイートになるかと思います。

ほとんど上で説明してしまっていますが、キャンペーンの目的とターゲティングを設定して、空いている広告枠を広告主同士で都度オークションを行うメニューとなっています。
どのようなクリエイティブフォーマットでも広告配信が行なえますし、ターゲティングも可能。
さらに金額も何円からでも始められるので、最も取り組みやすいメニューと言えます。

プロモアカウント

プロモアカウントはプロモツイートの一部になります。

どういうこと?となると思います。

先程、運用型メニューは配信する際にキャンペーンの目的を選択するとお伝えしました。
この中に”フォロワー数を増やす”という目的があります。
そして、実は”フォロワー数を増やす”目的を選んだ場合、プロモアカウントと呼ばれます。(他の目的を選んだ場合は、プロモツイートと呼ばれる)

なぜ”フォロワー数を増やす”の場合のみ名称が変更になるかというと、
クリエイティブフォーマットが合わせて変更になるからです。

“フォロワー数を増やす”の場合は、ヘッダー画像+プロフィール文のカード形式という、
よりフォローを促しやすい特別なフォーマットが生成されます。
(普通のツイートをクリエイティブとして利用することもできますが、カード形式が一般的)

そのため一般にツイートを広告配信するわけではなくなるため、便宜上、別の名前(=プロモアカウント)で呼ばれています。

買い切り型


買い切り型は純広告に近く、Twitterが設けている特定の広告枠を1日単位で買い付けることのできるメニューになっております。
ターゲティングは行えません。
なぜなら、購入した日のアクティブユーザー(DAU)全員に広告を配信することができるためです。
全商品ともTwitterに連絡して事前に日にちを指定し、広告枠を買い付けておく必要があります。

買い切り型のメニューはファーストビュープロモトレンドプロモトレンドスポットライトの3種類がありますのでそれぞれ見ていきましょう!

ファーストビュー

1日1社24時間限定の広告枠になります。
ユーザーがその日アクセスした際に最初に目にするタイムライン上の広告枠(2番目のツイート)に広告配信を行います。
対象はその日Twitterにアクセスした全ユーザー(DAU)です。
そのため、かなりの広告リーチ数が見込まれます。
ちなみに静止画やGIFは非対応で、動画クリエイティブのみ配信可能となっておりますのでご注意ください。
タイムライン上に配信できるため、ユーザーの目に触れる確率がグッと高くなります。

プロモトレンド

こちらも1日1社24時間限定の広告枠になります。
当日の0時から24時間の間、検索タブ内の「おすすめ」と「トレンド」の最上部に文章形式の広告を出稿可能です。
ユーザーがその広告をタップすると紐付いている広告ツイートに遷移します。

商品の発売日やイベントの日などの特別な日に利用する広告主が多くなっています。

ファーストビューと合わせて実施することで、タイムラインと検索タブ内のどちらでもサービスを訴求できるためより高い広告効果を見込むことができます。

プロモトレンドスポットライト

上の2つと同様に1日1社24時間限定で、検索タブ内の広告枠です。
当日の0時から24時間の間、検索タブ内の「おすすめ」ページの最上部に出稿可能となります。
投稿できるクリエイティブは6秒以下の動画or画像となっており、
ユーザーが投稿をタップすると紐付けられているツイートに遷移します。
プロモトレンドスポットライトのみの発注は不可で、
ファーストビューかプロモトレンドと合わせての発注のみ可能となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は、
Twitterの広告メニューを徹底解説
してきました。

Twitterの広告メニューには、
・運用型
・買い付け型

があります。
ほとんどの場合は運用型のプロモツイートを実施されることが多いかなと思います。

しかし、広告メニュー全体を把握せずにプロモツイートだけ実施するのはもったいないです。
例えば、大々的にTwitter上で一気に話題化したい場合などは、ファーストビューの実施を考えてみるなど色々な施策が考えられるかなと思います。
DAU全員に広告を配信できることを考えると、対象ユーザーが広い場合はプロモツイートより安いインプレッション単価で効率的に広告配信ができる可能性などが考えられます。
(ちなみに本記事で紹介した以外に、IVSというTwitter社とメディア会社やクリエイティブ制作会社が協同で作っている商品もあります。しかし、記事のボリュームの関係と商品の複雑性から今回は割愛しております。)

広告メニューを理解して、効率的にTwitter広告を活用していきましょう!
本日の記事が皆さんのTwitter施策のお役に少しでも立てればと思います。

ターゲティングについても別記事で徹底解説しているのでぜひ合わせてご覧ください!
⇒【2020年最新版】Twitter広告のターゲティング徹底解説

最後までお読みいただきありがとうございました。

-Business
-

       

関連記事

半日でできるブログの簡単な始め方

こんにちは、リョウです。 今日は今からブログを始めてみたいけど、 「ブログってどうやって始めればいいんだろう…?」 「始めるまでに色々準備が大変そう…。」 このような不安を抱え …

米国株の決算書を最速チェック!EDGARの使い方を簡単解説!

こんにちは、リョウです。 本日は “米国株の決算書ってどこで確認できるの?” “日本の証券会社とかの情報じゃなくて生の決算書で最速で情報収集したい!” という方向けに記事を書いていきます。 具体的には …

【2021年最新版】Twitterのクリエイティブフォーマットを徹底解説

こんにちは、リョウです。 本日は、 “Twitter広告を試してみたいけど、クリエイティブのフォーマット多すぎ…。” ”それぞれのクリエイティブでどのようなサイズが入稿できるか知りたい!” …

【2021年最新版】Twitter広告が強制停止になる3つの原因と解決策を徹底解説

こんにちは、リョウです。 本日は ”Twitter広告が強制停止になった!どうしよう!” ”Twitterってどういう場合に強制停止になるんだろう…。事前に知っておきたい!” という方向け …

【2021年最新版】Twitterで第三者配信を行う方法を徹底解説

こんにちは、リョウです。 本日は、 “インフルエンサーの投稿を広告に活用してみたい!” “Twitterの運用担当になったけど、第三者配信のやり方がよくわからない!” という方向けに記事を書いていきま …

Profile

リョウ

読書と株とゲームを愛しています。ベンチャー企業→3ヶ月で心折れて退職→一部上場企業→歯車感を感じて転職→広告ベンチャー企業で商品企画を担当。
働きながら、起業しつつブログ運営をしています。